2019 WBSCプレミア12決勝!日本vs韓国を見に行ってきた

2019 WBSCプレミア12決勝!日本vs韓国を見に行ってきた

どうも、れさぱん(@slow_lesapan)です!

今回は超タイムリーな話題、野球の国際戦プレミア12の決勝戦。
日本対韓国の試合を見に行ってきたので、感じたことや雰囲気などお伝えできればと思います!

WBSCプレミア12

WBSCプレミア12(ダブリュービーエスシー プレミアトゥエルブ、英語:WBSC Premier12)は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催、およびWBSCが選出した12ヵ国・地域参加により、4年に1度開催される野球の代表戦による国際大会である。日本では「WBSC世界野球プレミア12」(ダブリュービーエスシーせかいやきゅう プレミアじゅうに)とも表記される。

第1回大会は2015年11月8日から台湾と日本で、第2回大会は2019年11月2日から台湾と韓国、メキシコ及び日本で開催された。

参照:ウィキペディア


プレミア12ってどんな大会?

オリンピック同様に4年に1度開催される国際大会で、選ばれた12ヵ国が参加できます。
この大会で勝ち進むことで、オリンピック出場券が獲得できるなど、なかなか大きい大会ですね。

来年の東京オリンピックは、日本は開催国なので出場決定していますが、韓国は本大会で決勝進出したことで、
東京オリンピックに出場できる切符を手に入れました。

会場の雰囲気

プレミア12決勝戦!日本🇯🇵対韓国🇰🇷見に行ってきました!
山田哲人のスリーランホームランめっちゃかっこよかった😊
日本優勝おめでとう🎉㊗️ 東京オリンピックも楽しみだな😘

まず、熱気が凄かったですw
久々の野球観戦でしたが、応援団の声援や周りの人の拍手、選手がいいプレーをした時、
みんな立ち上がって「よっしゃ!!ナイス!」と声がけをしていて、なかなか熱い試合
でしたね。

野球ってこんな感じだったなぁ、と久々に思い出しましたw

試合の見所だったところ

1回表、山口俊投手の3失点

いいプレーの見所ではなかったですが、一回表で2ランホームラン、ソロホームランと2本もホームランを打たれ、
会場がちょっとお通夜モードになりかけてました
が、これで日本チームの火がついたのかもしれませんね。

1回裏、鈴木誠也選手の2ベースヒット

さすが、打率ほぼ5割りの男!フォアボールで出塁していた坂本選手を、2ーベースヒットでホームに返し早速1点返しましたw
今大会のMVPにも選ばれましたが、さすが!という他ないですね。

2回裏、山田哲人選手の3ランホームラン

本試合の一番の見所でしたねwめっちゃかっこいい。
外崎修汰選手、ショートゴロ。
近藤健介選手、空振り三振。
で、2アウトを取られてからの、會澤翼選手フォアボール、
菊池涼介選手、ショート内野安打。

そして、山田哲人選手の3ランホームラン!

もう、主人公ですねw

間違いなく、決勝戦のMVPは山田哲人選手です!

9回表、クローザー山﨑康晃投手の登板

3回から日本は投手をどんどん起用して、回していき失点なく9回表!
ここで登場したのが、クローザー山﨑康晃選手です。

ストレートと得意のツーシームを駆使して、3人で綺麗に押さえゲームセット!

最後の一人は、三振で仕留めたのですが、会場が「あと一人!あと一人!」と盛り上がっていて、
三振の瞬間はみんな立ち上がって、歓声をあげてましたw

最高の瞬間ですね。

感想

プレミア12日本優勝の瞬間
僕も中学までは野球をやっていたのですが、10年ぐらい経ってこうして野球観戦をしていると、
学生の時を思い出して、すごい楽しいですね!

スタンドが一体になって応援するのは、とても熱いし盛り上がります!

東京オリンピックも絶対盛り上がるので、見にいきたい…!
ちょうど今、東京オリンピックの2次抽選販売が開始されているので、当選したらみんなで侍ジャパンを応援しましょう!

ではまた(*・ω・*)