治験って何?実際にやってみた in当選と入院当日の流れ

治験って何?実際にやってみた in当選と入院当日の流れ

どうも、れさぱん(@slow_lesapan)です!

前回の事前検診が終わって、後日合格したか連絡してみたところ、棄権した人がいるので当選!という結果でしたw
あぶねー!!とりあえず、選ばれて良かったです!

募集は80人ほどだったそうで、当選が12人、そこから当日の健康診断で、ふるいにかけられ最終的には8人が治験メンバーになるので、当選確率10%のちょい難関!

そこらのテストより、受かりませんねw

入院

入院(にゅういん)院と名のつくところにはいること。特に、病気やけがの治療などのために一定の期間、病院に入ること。反対に施設から出ることは退院という。 (じゅいん)僧侶が住職となって寺(寺院)に入ること。

参照:ウィキペディア


集合時間と場所

お昼の13時に集合と、前回よりも遅い時間で助かりましたw
到着後は、身分証の提示と荷物検査と体温計をはかり、施設に入ります。

施設に入ってみると、先に治験を受けている人がいるのですが、すごい自由そうw
パソコンやったり本を読んだり、各好きに過ごしている印象ですね。

問診書・同意書の記入と採尿

改めて、問診書を記入。
後は、この治験に参加するのか同意書を記入したり、振込先を記入したり、書類作業。
記入後は、それぞれのタイミングで採尿します。

この辺りは事前の健康診断と同様ですね。

健康診断

事前の健康診断より、簡易版です。

  • 体重を測る
  • 心電図を計測
  • 脈拍を測る
  • 採血
  • 医者と問診

大体問題なかったのですが、那覇マラソン後為体な生活を送っていたためか、2kgほど太ってしまいナースさんに「食べすぎました?w」と言われ恥ずかしかったですw

事前説明

改めて、治験の内容説明と施設内での生活ルールについて、説明を受けます。
難しいことはないですが、シャワーが入れない日があるのが辛いですね。

後、うんちをしたり体調が優れない場合は、指定の紙に記載しないといけないという、ちょっとした辱めもありますw

健康診断と採血の結果で、メンバー振り分け

実は、当日は12人呼ばれているのですが、メンバーに選ばれたのは8人です。
というのも、当日の健康診断で問題があった場合は、その場で帰宅となったり、検査結果の内容が低いと予備要員にされてしまいます。
僕は問題がなかったので、治験のスタメンに選ばれましたが、2人は帰宅、2人は予備メンバーつまり、ベンチに選ばれてました。

このベンチメンバーはスタメンが次の日の治験開始時に、体調が悪くなったりした場合の代わる為に残ってもらうので、次の日の治験開始時に問題なければ帰宅となります。
ちょっと寂しいですね。

1回目の健康診断では、ギリギリセーフだったのですが、当日になった大逆転劇が起こり嬉しい限りですw

シャワーとご飯の後は自由時間

メンバーに選ばれた後は、自分のベッドに案内されます。
と言っても、大部屋なのでメンバーはみんな同じ部屋ですw

各々荷物を置いて、自由時間!
シャワーとご飯の時間は決まっているので、それまでは好きな様に過ごしてOKですw
とても楽ちん。

感想

ぶっちゃけ、事前の健康診断でギリギリだったので、当日はベンチメンバーかと思っていましたが、まさかのスタメンでちょっと嬉しいのが半分、
「これから毎日血を取られるのかぁ」と思うとちょっと憂鬱な気持ちが半分。

まぁ、なんにせよ衣食住で困らず、自由時間が多くて、お金ももらえるのは最高ですね!
空いた時間で、ブログ更新やそのほかの仕事もできるので、そんなに文句はないです。
まぁ、外出できなかったり、食べ物などは出されたもの以外はダメだったりと制限は多いですけど…w

おすすめです!とまでは言えないですが、なかなか割りのいい仕事だとは思います!

ではまた(*・ω・*)