日本一の山「富士山」登ってきた

日本一の山「富士山」登ってきた

どうも、れさぱんです!
今回は、前から一度は登ってみたかった「富士山」に登ってきました!

靴はスニーカー、防寒対策はウインドブレーカーのみ。という、
アホ極まりない装備で行った為、なかなか大変でしたよ(笑顔)

富士山

富士山は、静岡県と、山梨県に跨る活火山である。標高3776.24 m、日本最高峰の独立峰で、その優美な風貌は日本国外でも日本の象徴として広く知られている。数多くの芸術作品の題材とされ芸術面で大きな影響を与えただけではなく、気候や地層など地質学的にも大きな影響を与えている。

参照:ウィキペディア

登ったのは、2018年9月9日(日)
一緒に行ったメンバーが全員初心者ということもあり、
今回は一番メジャーな吉田ルートを登りました!

ルート 開山期間
吉田ルート (山梨県側) 7月1日(日) ~ 9月10日(月)
須走ルート (静岡県側) 7月10日(火) ~ 9月10日(月)
御殿場ルート (静岡県側) 7月10日(火) ~ 9月10日(月)
富士宮ルート (静岡県側) 7月10日(火) ~ 9月10日(月)

富士山5合目

富士山5合目

ここまではバスで20分ぐらい。
往復2,000円です(゚ω゚)

空気がとてもキレイ(マジ)

富士山5~7合目までの道のり

5~6合目

富士山6合目まで

こんな感じの斜面を登っていく感じ、
まだまだイージー

6~7合目

5~6合目よりも傾斜がきつくなるよ!
だが、まだまだ舗装された道なので楽々イージー♪
外人と「Fooo!! let’s Go! let’s Go!」とか言いながらワイワイ登ってました。

富士山7~8合目までの道のり

富士山8合目まで

写真の通りでございます。いきなり厳しくなる。
途中「あれ?登山じゃなくてロッククライミングしにきたんだっけ?」と錯覚を起こします。
足の負担がマッハ

富士山8~9合目までの道のり

6~7合目と同じような感じ、休憩タイム?
この頃、だいぶ疲れ果てて写真撮る気もなくなってました…

富士山9合目~山頂までの道のり

ラスボスです。
7~8合目と同じく、ロッククライミングと見紛う岩山地獄。
さらに、風がめちゃくちゃ強く寒い…
ザックが風に煽られて、体がもってかれそうになります…

山頂

富士山山頂
山頂のゴールテープこと、ゴール鳥居。
5合目~山頂まで、ちょうど6時間程かかりました。
※各ポイント7合目、8合目、9合目には鳥居があります。

達成感が半端ないっす。
感無量とはこのこと。

ただ、寒すぎて感動が薄かった…
防寒対策はちゃんとしたほうが良い(マジ)

富士山下山
帰りはこんな感じの道をどんどん降りていきます。
スニーカーなので、砂利が靴の中に入りまくって終始イライラします。
あと、気を抜くとこけます。
(帰りも2時間半ぐらいかかりました…)

感想

まず、一言。「登ってよかった!」これマジ。

元々「人生で一度は登ってみたいなぁ」とは思っていたので、
願いが叶ってよかったです。

道中は結構大変ですが、それを忘れられるぐらい景色が綺麗。感動必至です!
あと、山の上で食べるカップヌードルは格別。超がつくほどうまい!

ここからは、助言っす。

防寒対策は本気でやるべし

一番大事かもしれないです。
8合目~山頂あたりになると、すごく寒くなります。
寒いと動けなくなるし、せっかく山頂まで行っても感動が半減しますよ!(実経験)

僕は、ウインドブレーカーだけ持って行って、
山頂で凍え、雨降ってないのにレインコートを着てしのいでました。

登山用装備、靴

正直、あればいいかも?ぐらいだと思います。
1回しか登山しないのに、わざわざ買いたくないですよね~

僕はスニーカーで行ったのですが、特に問題なく登れました。
まぁ、しいて言えば下山の時、靴に砂利が入りまくるのが難点ですかね。
それが嫌だったら、装備を揃えていきましょう!

人生で挑戦してみたかったことの一つが達成できたので、とても満足!
次回はスカイダイビングとかやってみたいなぁ

その前に来月は金沢マラソンが待っているので、
こちらも頑張らなくては…
走った後、記事にするかも?お楽しみに~♪