初心者だけど、スノーボードの大会に出てみたときのお話!

初心者だけど、スノーボードの大会に出てみたときのお話!

どうも、れさぱんです!
今回は、今年の4月頃にスノーボード大会に参加しましたので、
その経緯と大会までの流れを深堀してお話しできればと思います。

「スノーボード好きで、大会にも興味あるけど心配…」
「初心者だけど、大会とか出ても大丈夫なの?」

と、不安な方も多いと思います。

大会にもよりますが、意外と初心者も参加している大会もあるんですよ?

日本スノーボード協会

日本スノーボード協会(日本スノーボードきょうかい、英: Japan SnowBoarding Association、JSBA)は、日本における単一スポーツとしてのスノーボードを統括する「スノーボーダーの、スノーボーダーによる、スノーボーダーのための」任意団体。世界で初めてのスノーボード協会であり、世界スノーボード連盟に加盟している。

参照:ウィキペディア


スノーボード大会の種類

どんな大会があるの?って方多いですよね
僕も正直よくわかってなかったのですが、結構種類があります。

ハーフパイプ

オリンピックの種目にもなっているので、知っている方は多いのではないでしょうか。
ジャンプの高さ、トリックの難易度や完成度などで競います。

スノーボードクロス

人工的に作った障害物のあるコースを4~6人で競争をする競技です。
こちらもオリンピックの種目になっていますね。

スロープスタイル

キッカーやジブなどを使い、ジャンプの高さやトリックの難易度、着地の安定性などを競います。
これもオリンピック競技です。

ストレートジャンプ(ワンメイク)

ジャンプ台を飛んで、その高さやトリックの難易度、着地の安定性などを競います。

テクニカル(基礎系)

ターン(カービング)の技術を競う大会です。
ショート、ロング、フリーなどの種類があります。
ストレートジャンプなど、ターン以外の種目が入ってることもあるそうです。

ちなみに、今回僕が参加したのもテクニカルの大会でした笑

スラローム

アルペンの競技で、決められたコースを滑りそのタイムを競います。
デュアルスラロームやジャイアントスラロームなんかもあります。

大会参加の経緯

当時、僕はスキー場で働いてたのですが、そこで知り合ったインストラクターの人に声を掛けられ、参加することになりました。
特別上手だったわけでもなく、むしろへたっぴで「教えてあげるから、参加してみなよ!」と甘い言葉に誘われてしまったんですね…笑

というのも、その方、全日本選手のすごい方だったのです。
そりゃ教えてあげるよ!なんてお誘いを受けたら、断れないですよね!

幸いにも、大会のシステム上、ビギナークラス・選手クラスと別れていたので、
初心者にも参加しやすい大会でした。

大会までの流れ

大会参加には、「申し込み」と「参加料」を提出する必要があります。
通常の場合、スキー場ホームページや、JSBAの公式サイトなどに掲載されていますので、
そちらを確認しWEB申し込みもしくは、問い合わせして用紙を郵送などになるかと思います。

僕の場合は、職場でやる大会だったので、紙をもらって手渡しで提出しました。
金額は3,000円くらいだったと思います。(選手クラスとかは5,000円?)

その後は、大会まで各自特訓!

ただし、大会前日には予行練習として、コースを試走できたりする場合もあるそうです。

大会の結果

以前、Twitterにも乗せたのですが、こんな感じでした笑

技術戦なので、カービングターンの技術を見られています。
改めて見ると、まだまだですね笑

まあまあ、練習はしたのですが我流の滑りを矯正するのに時間がかかり、
綺麗に滑るまで調整できませんでした…泣

僕の練習や学びについては、こちらの記事にまとめていますので、よかったらご覧ください。

スノーボード全日本選手にコーチングしてもらって学んだこと【独学ダメゼッタイ】

大会内容としては、ミドル・ショート・フリーの順番で行いました。
ただし、ミドルとショートそれぞれの優勝者でフリーを行う形式だったので、僕はフリーはやってません!
でも、ショートで3位を獲れたので、そこは嬉しかったですね。

おすすめの大会種類

やはり、初めはテクニカル(技術戦)がおすすめです。
ほかの競技はジャンプだったり、スピードだったりと難易度が高いですが、
テクニカルは基本がしっかりできることが大事です。

なので、テクニカルが十分できるようになったら、ほかの大会も目指してみましょう!という感じですね。
基本もできてないのに、それ以上のことは無理だよ!ってことです。

それに、バッチテストの内容とほぼ同じだそうなので、
バッチテストを受けたい方にも、おすすめです。

ここでいい結果をだせれば、バッチテストでもいい結果が出やすいと思います。

バッジテストって?

バッジテストとは、1級~5級までのレベルごとにスノーボード滑走のレベルチェックをする技術認定テストです。
1級に合格するとインストラクターの受験資格が得られます。
また、2級~5級のどの級からでも受けられますが、2級以上はJSBA会員登録が必要です。会員登録は1年中受け付けています。
なお、バッジテストは公認・認定スノーボードスクールで行われています。
それぞれのスノーボードスクールによって日程が違うので、事前に電話やホームページで確認しておきましょう。

参照:JSBA公式サイト

感想

率直に出てよかったな、と思っています。
初めは「そんなにうまくないし、周りから浮きそうで怖いなぁ」と思っていましたが、以外にもそんなことはなく、同じぐらいの人もいました笑

なので、初心者でも全然怖がる必要はないです!
勿論、ビギナークラスなどレベルを設けている大会に限り、ですがね

もし心配であれば、正しい滑り方を理解している人に見てもらって、
「カービングターンができている」と言われれば、参加してもいい結果を残せると思います。

今シーズン、さっそく大会に参加してみましょう!
ではまた(*・ω・*)