小豆島にある日本三大渓谷美「国立公園 寒霞渓」は絶景でした!

小豆島にある日本三大渓谷美「国立公園 寒霞渓」は絶景でした!

どうも、れさぱん(@slow_lesapan)です!

今回もうどん県から、ここ小豆島にある「寒霞渓」を紹介します!

小豆島…みなさん読めますか? 「あずきしま」じゃないですよ!

正解は、「しょうどしま」です。

でも、元々の読み方は「あずきしま」であっているらしい…ややこしいw
なんでも、昔は小豆がよく取れる島だったみたいです。

現在はオリーブが有名で、オリーブラーメンなるものがある場所でもあります。

今回はそんな小豆島の絶景ポイント「寒霞渓(かんかけい)」について、ピックアップしていきますね

寒霞渓(かんかけい)

寒霞渓(かんかけい)は、香川県の小豆島にある渓谷。国指定の名勝。

引用:ウィキペディア

どこにあるの?

こううん駅
住所:香川県小豆郡小豆島町神懸通乙327-1
電話:0879-82-0904

山頂駅
住所:香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168
電話:0879-82-2171

寒霞渓は小豆島にあるので、フェリーで向かう必要があります。

高松からフェリーで約60分ほどで到着、
そこから、バスもしくはタクシーで15分ぐらいで寒霞渓ロープウェイに着きます。

詳しくは、下記にまとめておきますね。

フェリー

小豆島行きのフェリーオリーブライン

高松港

出港 時間 URL
草壁港 フェリー60分 高速艇45分 海内フェリー
https://www.uchinomi-ferry.co.jp/
土庄港 フェリー60分 高速艇30分 四国フェリーグループ
https://www.shikokuferry.com/
池田港 フェリー60分 国際フェリー
https://ryobi-shodoshima.jp/

高松東港

出港 時間 URL
坂手港 フェリー70分 小豆島ジャンボフェリー
https://ferry.co.jp/shoudoshima-line/

今回は、高松から向かいましたが、岡山や姫路、神戸などからもフェリーが出ているそうです。
その辺りから向かう場合は、料金や時間などが変わるので、事前に調べましょう!

バス、タクシー、レンタカー

小豆島オリーブバス

出港 時間 URL
草壁港 約15分
神懸線行きで終点の紅雲亭にて下車
http://www.shodoshima-olive-bus.com/
土庄港 約1時間
坂手線・南回り福田線(下り)行きで草壁港まで約30分
草壁港にて神懸線に乗り換え終点の紅雲亭で下車
http://www.shodoshima-olive-bus.com/

島めぐり観光バス

小豆島の観光地を巡ってくれる、便利な観光バスもあります。

小豆島交通
URL:http://shodoshima-kotu.com/

タクシー

かんかけタクシー TEL:0879-82-2288
SKタクシー TEL:0879-62-1201

僕はタクシーで行ったのですが、運転手のおじさんがいろいろ教えてくれますw
帰りのタクシーも呼べるように名刺などをくれるので、帰るときには呼びましょう。
山頂駅から降りる前に電話しておくと、あまり待たずに来てくれます。

ロープウェイ料金

大人(中学生以上) 子供(小学生)
往復 1,890円 950円
片道 1,050円 530円

ハイキングなどで下山する人は、片道のチケットを買うことになります!
景色を見て、帰る場合は往復券を買いましょう。

ロープウェイ乗り場では、観光客の日記があり自由に記入できます。
読んでみると色々な人のコメントが見れて、楽しいですw

寒霞渓ってどんなところ?

日本三代渓谷美に認定されている渓谷です。
渓谷の上から、眺める景色は絶景で、特に秋の紅葉シーズンは一面が色鮮やかな木々で埋め尽くされ、とても魅力的だそうです。

僕は冬に行ったので、紅葉は見れなかったのですが、それでも広がる木々、奥に見える海は、とても綺麗でした!

寒霞渓の魅力は?

寒霞渓展望台からの景色
寒霞渓展望台からの景色

やはり絶景!ですね。でも他にもありますよ!

ゴンドラ

寒霞渓ロープウェイのゴンドラ
引用:ぐるたび

こううん駅〜山頂駅までをつなぐゴンドラは、標高612m、全線距離917mの山頂駅まで約5分ほどで登ります。
その間、ガラス張りの車内では、360°の絶景を楽しむことができます!

途中、岩肌に近いところも通るので、なかなかの迫力ですw

ハイキング

ロープウェイで登った山頂駅から、ハイキングができます!
コースは3コースあって、表12景・裏8景・星ヶ城への登山コースです。
表では12のスポット、裏では8つのスポットが見れるそうです。

星ヶ城のコースは登山なので、さらに上からの景色が見れます。

瓦投げ

かわらけ
直径6cmほどの円盤で、「かわらけ」というそうです。
引用:ぐるたび

5枚1組200円で、粘土でできた瓦を購入できます。
それを展望台の前方にある輪っかに目掛けて投げるという物です。

魔除け、災難除け、交通安全を祈り、輪っかに入れば願いは叶うらしいですよ!
ぜひ、挑戦(チャレンジ)してみてくださいw

感想

今回は、小豆島の中でも寒霞渓というスポットを紹介しましたが、小豆島には他にもおすすめスポットがあります!
エンジェルロードとか、二十四の瞳映画村とか…

残念ながら、今回僕は行けなかったのですが、次回は別のスポットも行ってみたいですね。

楽しみを取っておいた…ということにしておきましょう!

でも、最近のニュースにもあった「首里城」のように、いつ事故などで無くなってしまうかわかりませんよね?
行きたい!と思ったら、行く努力をするようにしたいな、と思いましたw

ではまた(*・ω・*)