多相睡眠、分割睡眠って良いこと?調べてみた

多相睡眠、分割睡眠って良いこと?調べてみた

どうも、れさぱん(@slow_lesapan)です!

今回は、分割睡眠について、ご紹介します!
なんで、今回このテーマにしたかというと、最近の僕の睡眠方法なんです。

図らずも、この睡眠方法になったのですが、「朝しっかり起きられる」、「体の調子が良い」感じがしたので、もしかして…この睡眠方法は良いのでは?と思い、今回記事にしました笑

多相睡眠

多相睡眠(Polyphasic sleep、分割睡眠 Segmented sleep, divided sleep)は、一日に複数回の睡眠をとること。人工照明発明以前の人類が行っていた、動物の一般的な睡眠法[1]

引用:ウィキペディア

多相睡眠(分割睡眠)って?

分割睡眠をするねこ

多相睡眠とも言われるもので、一日のうちに複数回に分けて、睡眠を取ることを指します。

通常、現代人でこの睡眠方法をとっている人は少ないですが、文明が発展する前、いわゆる電気がない時代の人類はこの睡眠方法だったそうです。
また、動物界では、一般的な睡眠法のため、むしろ動物的には、人間の方が変わっているみたいですね笑

単相性睡眠もある

こちらは、現代人の睡眠方法ですね。
元々は多相睡眠だった人間が、日中に仕事や学校などを行うためにまとまった睡眠を取るようになったそうです。

なので、「加工された睡眠方法」、「文明に管理された睡眠方法」など言われています。

どっちの睡眠が良いの?

正直なところ、どちらが良いとは一概には言えないそうです。
というのも、元々多相睡眠だった人間が、単相性睡眠になったのは文明が発展し”必要”になったからです。
動物は、人間と違って自然界で生きているので、同じ場所で長くまとまった睡眠を取ることが危険なため、細かく複数回の睡眠をとり、体力の回復をしています。

なので、大事なのは睡眠方法ではなく、「時間」です。

よく世間では、「8時間睡眠をした方が良いよ!」と聞きますが、6時間の睡眠でも十分みたいです。
(ノンレム睡眠(90分)とレム睡眠(90分)のサイクルを4回行う計算上)

ですが、「年齢、男女、季節、文化」など、個人差があるため、この辺りは人によります。

成功者と言われる世界の経営者達は、7時間睡眠が多いみたいです。
忙しい人でも、しっかり睡眠時間はとっているんですね笑

感想

良くも悪くも、自分の生活に合った睡眠方法を選択した上で、睡眠時間はしっかり取るようにしよう!という結果でした。

なんにせよ、僕の合計11時間睡眠は良いのか?と疑問に思うところ。
過剰に寝ている時間は、自己投資にならない…ですよね!

なので、今度からはちゃんとアラームをかけた上で、多相睡眠を行っていきたいと思います。

皆さんも自分にあった睡眠方法と時間を設定して、クオリティの高い状態を維持しましょう!
ではまた(*・ω・*)