「Sublime Text 3」が約1年ぶりのアップデート!見た目も機能も変わったみたい

「Sublime Text 3」が約1年ぶりのアップデート!見た目も機能も変わったみたい

2017年9月14日に「Sublime Text 3」のアップデートがあったみたいですね。
見た目のデザインもフラットになって(もともとフラットだったと思うけど)シンプルになりました!

sublimetext3

約一年ぶりのアップデートとなりますが、
変更内容が盛沢山で主にUI等の見た目の変更やバグ修正がメインのようで、
パフォーマンス向上に重点を置かれている印象
です。

というか、アップデート内容見て思ったけど
俺、全然Sublime Text 3を使いこなせてないな…精進しよ…

アップデート内容(BUILD 3143)

    全体の更新

  • 完全な高DPI(高解像度のこと)サポートを含む、リフレッシュされたUIテーマ
  • 新しいアイコン
  • カラースキームから色を継承する代替テーマ、適応性を追加
  • 新しいカラースキームを追加
  • コマンドパレットを介してライブプレビューでカラースキームとテーマスイッチャーを追加
  • テーマエンジンに対する多くの追加とバグ修正
  • Markdown構文の強調表示が大幅に改善
  • C#の構文ハイライトの大幅な改善
  • Javaのシンタックスハイライトの大幅な改善
  • Pythonシンタックスハイライトの大幅な改善
  • Rの構文強調表示の大幅な改善
  • マークダウン:改善されたシンボル処理
  • C#:シンボル処理の改善
  • 他の多くの構文強調表示の改善
  • 構文強調エンジンのさまざまなバグが解決
  • いくつかのクラッシュの問題を修正
  • システムのCPU負荷が高い場合の応答性の向上
  • 高DPIテクスチャは、DPIスケールが1.0より大きい場合、WindowsおよびLinuxで使用される
  • すべてのプラットフォームでフォントの選択が改善され、異なる重みを名前で選択できるようになりました
  • UIエレメントのフォントレンダリングを制御するtheme_font_optionsの設定を追加
  • HTMLおよびPHPの自動インデント規則の改善
  • ボールド体またはイタリック体がコンソールに表示されないようにするフォントのジオメトリの問題
  • オートコンプリートウィンドウが閉じられたときに発生する可能性のある固定フラッシュ
  • 設定でanimation_enabledがfalseの場合、スクロールアニメーションを無効にする
  • 大文字小文字のみが変更されたときにファイルの名前を変更できるようになりました
  • 新しいウィンドウは空の検索履歴から始まります
  • Find in Filesパネルはfind_allとreplace_allコマンドに応答するようになりました
  • Findパネルのさまざまな正規表現処理の改善
  • 選択枠の下のピクセルをカットする固定テキストウィジェット
  • 空のセッションでclose_windows_when_emptyの問題を修正しました。
  • hot_exitがfalseに設定されていると起動時に空のペインを修正
  • カンマを含むフォルダを含むWindows上の開いているフォルダを修正する
  • クリップボードに1つ以上のフルラインが含まれている場合のマルチカーソルの貼り付けを修正しました。
  • edit_settingsによってUNCパスがマングルされないようにする
  • インデント設定で不正な形式の正規表現が使用された場合のクラッシュを防止する
  • 多数のガターアイコンによるレンダリングパフォーマンスの向上
  • WindowsとLinuxの高解像度DPI画面でガターアイコンのサイズが適切に変更されました
  • フォルダに何千ものファイルが含まれている場合のサイドバーのパフォーマンスの向上
  • 改善されたインラインエラーメッセージスタイル
  • 複数のインデックスステータスウィンドウを表示できる問題を修正しました。
  • Windowsc向けの更新

  • タッチ入力の追加
  • ConsolasまたはCourier Newを使用しない限り、フォントのレンダリングはDirectWriteにデフォルト設定される
  • DirectWrite使用時のno_antialiasフォントオプションのサポートが追加される。
  • タッチパッドのスクロールの改善
  • ファイル変更の検出のロバスト性の向上
  • 改良されたフォント選択ロジック
  • 英国(ISO)キーボード用のCtrl + `ショートカットを修正
  • UI要素のフォールバックフォント処理の改善
  • OS Xで実行可能なsublとWindowsでplugin_host.exeが署名されました
  • sublime_text.exeのCompanyNameがVERSIONINFOに設定されるようになりました
  • Mac向けの更新

  • macOS Sierraのタブによるレイアウト変更を処理
  • 既定のWebブラウザー検出の改善
  • OS X 10.11およびMacOS 10.12+は、デフォルトでSan FranciscoをUIフォントとして使用
  • MacOS SierraのフリーズUIからのファイル変更通知を修正
  • ユーザーのデフォルトシェルが実行され、プラグインPython環境で環境変数が設定
  • タッチバーサポートの追加
  • OS X 10.10以降のカスタムカラーウィンドウタイトルバーのサポート
  • Minihtml向けの更新

  • ボーダーのサポートを追加しました
  • 設定からfont_optionsを設定
  • WindowsとLinux上の高DPI下のhtmlポップアップのレイアウトを修正
  • doctypeが存在するとクラッシュする問題を修正
  • 存在しないCSSファイルからのクラッシュを修正
  • 不正な画像パスによって引き起こされたクラッシュを修正
  • Linux向けの更新

  • 選択が変更されるたびにクリップボードのX11選択を更新
  • 改良されたMOD3修飾キー処理
  • apt、yum、pacmanのリポジトリを追加
  • API向けの更新

  • View.text_to_window()およびView.layout_to_window()を追加
  • すべてのAPI関数がデバイスに依存しないピクセルを受け入れて返すようになりました
  • 入力パネルを再表示するときにon_cancelを実行していない固定入力パネルが実行されない
  • &演算子による固定セレクタスコアリング
  • 誤ったファントムコンテンツを引き起こすバグを修正
  • Window.set_view_index()のクラッシュを修正
  • OpenSSLを1.0.2k、SQLiteを3.16.02に更新